ちょりすマガジン

名古屋大学に通っている僕が経験したことや大学生なら知っておいた方がいいことを発信していきます!

好きな女の子のタイプ

人類の永遠の悩み、恋愛。

気づいたら女の子を好きになっていて、気づいたらデートに誘っていて、気づいたらフラれている。

女の子はワケがワカラナイ。

それでも恋愛をしてしまうのは、遺伝子レベルの何かが僕の感情を動かしているからでしょうか?

今回は好きな女の子のタイプということで、優しいだの、可愛いいだのつまらないことを述べていこうと思いましたが、正直こういうのは全部ホンネではありません。

好きになった理由が言えるなら、例えばより優しい人、より料理がうまい人など代わりがいくらでもいる、という話を聞いて、好きなタイプを考えることをやめました。

理由は説明できないけど何故か好き。そういう人となら長続きするのだと思います。

内面か外見かという人類が滅亡しても答えの出ない争いがありますが、今までの経験からいうと、顔で好きになった人より性格で好きになった人を今でも覚えています。

女の子に好きなタイプは?と聞かれてその条件が目の前の子に当てはまらなかったら、この子はショックを受けるのかもしれない、、、って考えてしまう私です。

相手から何かを求める恋愛ってのは期待が外れた瞬間終わってしまうので、自分はこの子に何かをしてあげたいなって思える子を好きになりたいです。

好きになった子にはお手紙とか書きたいし、最終的には小説の主人公にしてプレゼントしてあげたいなと思うのですが、お前に文才があるのかよ、みたいな意見は現在受け付けておりません。

終わり

僕がブログをやろうと思ったのは

お久しぶりです。ちょりすです。

 

前回、前々回の記事は気合いを入れすぎてしまったので、今回は割と気楽に書こうと思います。

 

構成とか読みやすさとかいろいろ気にするとキリがないもので二時間ぐらいかかっちゃいます。自分でもよく書いたなあって我ながら感心します。

 

そんなことを書くとちょりすそろそろブログに飽きたのでは?って思われちゃうけれど、まあ実際そうなのだけれども、早速今回の話題に入ろうと思います。

 

ブログを始めた理由なのですが、まあ簡単なことです。誰も僕の話なんて興味ないんだ、って気づいてしまったからです。

 

とある飲み会、酒池肉林の最中、逃げ場所を探して彷徨っていたところ、同じような境遇の仲間を発見。直ちに協力体制を要請したら了承とのこと。

 

仲良くなるべく、身の回りに起きた面白い話をしたのですが、あまり楽しそうじゃなさそう。結局話の途中で別の知り合いと宴へと消えていきました。

 

この時私はたいへんなことに気がつきました。誰も赤の他人なんて興味がないのです。

 

相手を楽しませようとして全然だったので悔しいですが、僕のやり方が間違ってたのも事実です。それならいっそ僕に好意を持っている人だけにそういう話をしよう、というわけでブログを書きました。僕のことが嫌いな人はお帰り下さい。笑

 

あとはまあ広告収入稼げたらいいなあと思います。今のままでは日本国憲法25条で保障されている健康で文化的な生活ができないので。笑

まあちゃんとバイトしてればこんなことにならなかったのですが、、、

 

その話はおいおいするかもしないかもしれませんが、でもいろいろバイトして面白い経験をしたの事実です。その話をすると、全然継続が出来ないからダメだねっていう人がいますが、そういう話には耳を塞ぎましょう。あ、僕にお金を貸している人、いま頑張って日雇いのバイトで稼いでいるのでもうちょっと待っててください。耳を揃えて返します。

 

そんなこんなで時刻は深夜12時を回ったところ。明日も朝から日雇いのバイト。幼い子供がいる家族に向けたイベントです。よかったら見に来てください!募金してください!僕の人生にクラウドファンディングしてください。お花にお水をあげましょう。普段あまり感謝できてない人にありがとうをいいましょう。毎日を大切に生きましょう。お菓子を恵んでください。チョコレートが好きです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。これでちょうど千文字。

エイプリルフールと嘘

みなさん、今日はエイプリルフールですね。

 

正直、こんな記事よりも自己紹介の記事を書いた方がいいことは分かっているのですが、なかなかおもしろいことが思いつきません。家にこもってダラダラしているだけの生活だからいけないのでしょうか。明日にはアフリカのサバンナに行き、マサイ族と垂直飛びをしてネタでもこしらえてこようかと思います。

 

続きを読む

コミュ障大学生が名古屋から東京までヒッチハイクしてみた話

みなさん初めまして

 

ちょりすと申します!

 

本人イメージはこんな感じです笑

f:id:choris1106:20170329151456p:plain

 

今回は僕が住んでいる名古屋から東京まで

 

ヒッチハイクした時の話を記事にしてみました。

 

ヒッチハイクしようと思ったワケ

普通に生活してたらヒッチハイクしようなんて

思わないですよね。笑

 

じゃあどうして僕がヒッチハイクをしようと思ったのか?

 

それは、、、

 

単純にお金がなかったからです。泣

 

実はヒッチハイクをしたのは年末なのですが

 

僕はカウントダウンジャパン(通称CDJ

 

というイベントに申し込みました。

 

しかし、後になって気づいたんですよね。

 

ホテルとバス代ないやんけ!?

 

せっかく申し込んだCDJに行けないのは悲しい、、、泣

 

そこで思いついたのがヒッチハイクで東京まで行く

 

ということなのでした。

 

どうなることやら、、、

 

続きを読む